あかり木診療所/診療内容のご案内

当診療所は保険医療機関です(健康保険の範囲内の診療をおこなっています)
 はじめて受診のさいには「保険証」を、二度目以降受診のさいには当診療所の「診察券」と月に一度「保険証」をお持ちください

 内科

発熱、頭痛、のどの痛み、せき、はな水、胸の痛み、お腹の痛みなどの症状に対する診察と治療
高血圧症、脂質代謝異常、高尿酸血症、貧血などに対する検査と治療
気管支喘息、アレルギー性鼻炎などに対する治療
その他からだの調子に関する相談

 小児科

急な発熱、せき、はな水、おなかの痛み、嘔吐、下痢などの症状に対する診察と治療
気管支喘息、アレルギー性鼻炎などに対する治療
皮膚の発疹、かゆみなどに対する治療
その他子育てに関する相談
☆小児の受診に際しては、お子さまの状況をよくわかる方が同伴してください

 外科

すりきず、きりきずなどに対する処置(きずの程度によっては対応できない場合もあります)
手術治療後の診察

 健康診断

●特定健診(集合契約B)
●横浜市健康診査 (詳細はこちら:健康福祉局HP)
●前立腺特異抗原(PSA)検査(前立腺がん検査) (詳細はこちら:健康福祉局HP)
●肝炎ウイルス検査(横浜市緊急肝炎ウイルス検査事業) (詳細はこちら:健康福祉局HP)
●横浜市大腸がん検診(便潜血検査) (詳細はこちら:健康福祉局HP)
●横浜市肺がん検診 (詳細はこちら:健康福祉局HP)

  「乳幼児健康診査」 (詳細はこちら:こども青少年局HP)は2013年4月から休止させていただきました

【可能な検査】
 エックス線撮影(胸部、腹部など)
 心電図
 身長、体重測定
 血液検査、尿検査
 睡眠時無呼吸簡易検査 (詳細はこちら:「このような症状のある方はいませんか?(PDF)」)

  「胃・大腸内視鏡検査」、「超音波(エコー)検査」、「視力・聴力検査」は当診療所ではできません

 予防接種

当診療所は「横浜市個別予防接種協力医療機関」です

【接種可能なワクチン】
  ≪定期の予防接種≫(対象年齢者は無料) (詳細はこちら:横浜市保健所HP)
  ●二種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)
  ●麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン):特別な希望・事情のあるときは麻疹または風疹の単独ワクチン
  ●日本脳炎ワクチン
  ●四種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ)(2012年11月1日開始)
  ●小児用肺炎球菌ワクチン(2013年4月より定期接種になりました)
  ●ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチン(2013年4月より定期接種になりました)
  ●水痘ワクチン(2014年10月より定期接種になりました)

   ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(子宮頚がん予防ワクチン)は、2013年4月より定期接種になりましたが、現在接種を見合わせています

  ≪任意の予防接種≫(有料)
  ●おたふくかぜワクチン
  ●成人用肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)
  ●破傷風ワクチン(トキソイド)
  ●B型肝炎ワクチン(成人のみ)
  ●インフルエンザワクチン(10月中旬ごろから1月ごろまで)

BCG接種は扱いません
乳児ロタウイルス、B型肝炎も扱っていません
(B型肝炎は2016年10月より定期接種となりましたが、当診療所では現在のところ接種していません)

◆ワクチン接種の順番、時期などがご心配、ご不明な場合には、母子手帳をご持参のうえご相談ください

 このようなときは・・・

診察の結果、他医療機関の受診を考慮する場合には、それぞれの症状と診療所長の人脈に応じた適切な施設をご提案、ご紹介します

【他医療機関の受診を考慮する場合の例】
◆緊急または早急な検査および治療が必要な場合(急性心筋梗塞、脳血管障害、気管支喘息大発作、急性虫垂炎、重症肺炎、原因不明のひどい発熱・腹痛など)
◆入院治療や専門治療を考慮する必要のある場合
◆外傷で、骨折・脱臼など骨の異常の可能性がある場合または高度の処置が必要とされる場合
◆次のような検査を行ったほうがよいと思われるまたはご希望の場合
  ●CT、MRI検査
  ●胃、大腸内視鏡検査
  ●心機能検査(負荷心電図、24時間心電図、心エコーなど)
  ●睡眠時無呼吸精密検査
  ●その他当診療所で対応不可能な精密検査や緊急検査
《紹介病院の例》
神奈川県立循環器呼吸器病センター
横浜市立大学附属病院
横浜南共済病院
済生会横浜市南部病院
横浜市立大学附属市民総合医療センター
横浜市立みなと赤十字病院
横浜市立脳血管医療センター
その他金沢区内の消化器内科、循環器内科、神経内科、耳鼻科、整形外科、皮膚科などのクリニック

HOME